Now Reading
『今三国志』の感想・レビュー|新時代を切り開く!最新MMOストラテジー

『今三国志』の感想・レビュー|新時代を切り開く!最新MMOストラテジー

『今三国志』は、2021年3月31日にリリースしたばかりの本格戦略ストラテジーゲーム!高画質で表現された三国時代が舞台の本作は、とにかく美麗のグラフィックが魅力で、息をのむほど美しく再現されています。

また、マルチ要素もあり、全世界のプレイヤーと400万マスを超える広大なマップで陣取り合戦を競い合う様は圧巻です!

今回はそんな『今三国志』についてご紹介していきます。

 

『今三国志』の面白さをご紹介!

本作の舞台は三国時代。あの三国志の英傑達が実在した時代を美麗グラフィックで表現しています!

また、実在の地図を対照しながら作られた三国版図は、城や山、河にまでこだわり抜かれており、まるで三国時代の中に身を置いているかのような錯覚すら感じられます♪

リアリティーにこだわり抜かれた三国志の世界を統一するのが目的です。

本作のジャンルは戦略ストラテジーゲーム!関羽や張飛、劉備といった有名武将を配下にし、采配していくのが醍醐味♪

また、天候や地形といった要素もあり、この手のジャンルの中でも戦略性に特化した内容となっています。地形を把握し、その時その時の天候を利用した戦術を駆使して侵略していきましょう!

本作は、400万マスを超えるマス目で表現された三国志の世界。膨大なマス目には、多くのプレイヤーがリアルタイムに点在しています!

スマホゲームらしいマルチコンテンツもあり、他プレイヤーの居城に攻め入ることも可能です♪また、同盟に加入すれば、全国の仲間と共闘することも可能。

このように、全世界のプレイヤーを巻き込んだ、大規模な陣取り合戦が本作最大の魅力となっているんです♬

 

『今三国志』の遊び方

資源の確保から初めよう!

本作は、内政がとにかく重要です!というのも、ゲーム内で建設や進軍したりと、何かにつけて「食糧」や「木材」などの資源が必要となってくるから。

これらが足りないと何も出来なくなってしまうので、資源を生み出せる施設の建設を優先していきます。

まずは、「農耕」や「伐採」といった施設を建設していきましょう!また、施設には武将を常駐させることも出来ます。常駐させることで、資源の獲得効率がアップするので、序盤から武将を任命していくのがオススメです。

城外に遠征し土地を略奪しよう!

城外に展開されている400万マスを超える土地は、侵略して奪うことが可能です!土地には豊富な資源があるので、自国の発展のために是非とも奪い取りたいところ。兵を出兵できる状況ならどんどん領土を広げていきましょう♪

また、土地を奪いたいのは自分以外のプレイヤーも同じです。時には奪い合いに発展することもあるので覚悟しておきましょう!

連盟に加入して仲間を集おう!

本作には「連盟」と呼ばれるギルド要素が存在します!連盟に加入するだけでメリットがあり、資源を頂けたり、行動範囲が増えたりと良いことだらけ。

また、連盟に加入しているだけで敵は報復を恐れるので、襲われずらくなります♪

仲間が増えれば協力して、他プレイヤーの城に攻め込むことも出来たり、チャットを介して情報交換を行うことだって出来ますよ!

面白さも倍増すること間違いないので、加入することを強くオススメします。

See Also

他プレイヤーの城に攻め込もう!

本作の醍醐味である城攻め。他プレイヤーの城に攻め込むことで侵略することが出来ます!見事相手の城を落とすことが出来れば、大量の資源を回収することが可能♪

しかし、相手もこちらに攻め込むことが出来るので、常に危険と隣り合わせの状態です。このスリルを味わえるのも本作の魅力の一つなんです!

攻められる前に攻め込むスタンスで、乱世を生き延びましょう!

 

まとめ

『今三国志』は、圧倒的なグラフィックとリアリティーを追い求めた、本格三国ストラテジーゲーム!400万マスを超える広大なマップで繰り広げられる、陣取り合戦の頂点を目指すのが目的です。

リアルタイムで展開される他プレイヤーとの共闘や対戦バトルも面白く、手に汗握ること間違いなし♪三国志が好きな方から、ストラテジーゲームが好きな方にうってつけのアプリです!

プレイ可能:iOS10.0以降、Android5.0以上

配信日:2021年3月31日

メーカー:Archosaur Games(アーキサウル ゲームス社)

価格:アプリ内課金あり

プレイ人数:一人

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
© BEST RPGS 2021. ALL RIGHTS RESERVED
Scroll To Top
翻訳する »