Now Reading
三國志 真戦(さんごくし しんせん)の進め方&面白さを紹介!

三國志 真戦(さんごくし しんせん)の進め方&面白さを紹介!

『三國志 真戦(三国志 真戦/さんごくし しんせん)』は、全世界5000万ダウンロードを記録した大ヒットストラテジーゲーム!あの三國志系シミュレーションゲームを長年開発している「コーエーテクモ」が監修しているだけあり、戦略性豊かなゲームシステムが特徴です。

また、”課金で強くなることができない”といった「全プレイヤー公平の戦力バランス」が他のストラテジーゲームでは見ることのできない、独自の要素となっているんです♪

今回はそんな『三國志 真戦』についてご紹介していきます!

『三國志 真戦』の面白さをご紹介!

『三國志 真戦』は、三國志の世界を舞台にしたストラテジーゲーム!「江東」や「河北」といった三國志ではお馴染みの領土の中から自分が所属したい地域を選択。支配地域を徐々に拡大しながら、乱世を平定させることが目的です!

本作の特徴は「公平」を意識した作りになっている点がポイントです!従来のストラテジーゲームでは、建築速度や進軍速度など課金で手に入れたアイテムにより、いくらでも他プレイヤーと差を付けることができました。

しかし、本作は課金でアイテムを購入するのが不可能なシステムになっています。知略を駆使すればいくらでも形勢逆転できるシステムなので、新規参入でも十分に楽しめる内容となっているんですよ♪

 

『三國志 真戦』の進め方

チュートリアルをプレイしよう!

この手のゲームは一見敷居が高そうに見えます。しかし、実際にプレイしてみると「諸葛亮」による丁寧なチュートリアルがあり、領地の拡大の仕方や戦闘方法、兵の編成方法といったゲームの基本を学ぶことが可能です。

また、途中で何をすべきか分からなくなっても「任務」と呼ばれるクエストリストをいつでも閲覧できます!「任務」に沿った流れでプレイしていけばOKと、初心者でも安心してプレイ出来ましたよ!

 

戦略性豊かなバトルを体験しよう!

本作のバトル要素は全てフルオートで展開されます!フルオートなのでプレイヤーは基本的に見ているだけなのですが、もちろんここでも頭を使う要素あり♪

兵士は「盾兵」「騎兵」「槍兵」と3すくみの属性関係になっている点がポイント。

  • 「盾兵」は「槍兵」強く、「騎兵」に弱い。
  • 「騎兵」は「盾兵」に強く、「槍兵」に弱い。
  • 「槍兵」は「騎兵」に強く、「盾兵」に弱い。

といったように、敵よりも有利な兵士を編成して攻撃するのが鉄則です。属性関係を理解すれば少ない兵力でも戦況を覆せるシステムが面白いんです♪

 

領地を広げていこう!

城外に遠征に出ることで、領地を広げていくことが可能です!領地にはレベルが設定されており、自軍よりも戦力の高い領地を攻めようとすると警告が表示されます。

まずは、警告の出ないレベルの低い領地から侵略してみましょう。支配領地を広げていけば、ゲーム進行に必要な「食糧」や「木材」といった貴重な資源の生産量がアップします。全てが「公平」な本作では地味ながら重要な要素なので覚えておきましょう!

 

時には他プレイヤーの領地を奪う必要も!

フィールドマップには他プレイヤーの居城や支配領地も存在します。支配可能な領地は限られているので、時には他プレイヤーの所持している領地も奪う必要があります。もちろん攻め込めば戦闘になることは必至。

戦闘前にしっかりと敵を「偵察」し、属性を考慮した複数の軍隊で攻め込むのがポイントです!他ゲームでは類を見ないほどの、白熱した対戦を味わうことができますよ!

 

See Also

まとめ

『三國志 真戦』は、全世界で5000万ダウンロードを記録した三國志ストラテジーゲーム!日本のシュミレーションゲーム大手の「コーエーテクモ」が監修しただけあり、ゲームバランスが最高です。特に、「全プレイヤー公平の戦力バランス」がとても心地よく、ストラテジーゲームによくある、初心者狩りや弱い者いじめに発展しずらい点がGood♪

また、初心者に優しいチュートリアルや、白熱した対戦要素など、ストラテジーゲームが初めての方から熟練者まで楽しめる内容となっています!

無料でダウンロード可能なので、ぜひ一度プレイしてみて下さい♬

プレイ可能:iOS10.0以降、Android4.4以上

配信日:2021年5月19日

メーカー:Qookka Games

価格:アプリ内課金あり

プレイ人数:一人

 

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
© BEST RPGS 2021. ALL RIGHTS RESERVED
Scroll To Top
翻訳する »